不動産投資をする前に確認すること
2017.05.23

高層ビル不動産投資をする際に必ず確認してほしい事が何点かあります。
これはしっかり確認し考えておかないと今後の投資自体が失敗するかもしれません。
今回は神奈川のマンション投資についてです。
必ず確認するようにしましょう。

◆近隣の発展状況を確認しよう
いい物件があり、そこにしようかと迷うのであれば、まずは近隣の発展状況を確認しましょう。
まだまだ未発展でここ数年、いや十数年は動きがなさそうな場合は、入居者の入りが厳しい場合がありますね。
一人の方がずっと住んでくれたらいいのですが、賃貸マンションなんてそう上手くはいきません。
人気のないところだと人が出た時に入りにくくなる可能性は非常に高いです。
逆に発展途上であればこれからどんどん人は増えてくるでしょうからその分入居率も上がるでしょう。
空室状況が続くことは一番避けなければいけません。
必ず発展状況は確認しましょう。

◆駐車場の有無
都心の方だとあまり気にされない方も多いですが、神奈川ですと車を必要とする方は多いですよね。
そんな中で駐車場が1台もないような場合は正直死活問題です。
最低でも1台はある物件を選びましょう。
都心以外では今や一家に一台から一人に一台の時代へとなりつつあります。
その中でも2台以上止まられるマンションであれば引く手あまたですね。
縦列駐車でも構いませんので2台あれば非常に良い物件と言えるでしょう。
また駐車場の位置も非常に重要です。
稀に停めにくい場所がその部屋の位置だったりしますので、
駐車場の場所も含めて確認は必ずしておきましょう。

◆駅から近いが正義ではない
新築物件や中古物件に関わらず投資をする上で陥りやすいミスがあります。
それは駅に近いからという理由でマンション投資してしまう事です。
駅が近ければ空室は埋まるというわけではありません。
周囲の環境をよく見てみましょう。
お買いものするところありますか?
生活物資を購入できる場所が駅前にないのであれば投資は考え直した方がよさそうです。
駅から家の間に何かしら購入できるスーパーがある方が便利はいいですよね。
例えばわざわざ自分が住んでいるのが北口だったとして南口にスーパーがあったり、自分の家を通り過ぎてその先にスーパーがあったりした場合、かなり面倒ですよね。
こういった生活スタイルというのも考えておかないと駅前だからという理由ですぐに入居はあるかもしれませんが不便すぎて長く入居してもらえないという事にもなりかねないのです。
このように投資する時は上記のような内容は事前に確認するようにしておきましょう。

▲ ページトップへ